iPhoneを「アクティベーション」する方法

iPhoneを初めて使用する際の初期設定として、「アクティベーション」と「基本設定」という作業を行わなければ使用することができません。

端末を購入した時にはショップ等で教えていただきながら設定できるのですが、中古で購入した場合や端末をリセットしてしまった場合は、初期設定を自分一人で行わなければならない場合もあります。

そんな時に必要な「アクティベーション」の方法をまとめてみました。

言語の設定

まず、最初に電源を入れるとこの画面になります。画面下部を左から右にスライドさせると言語設定の画面が表示されます。

ファイル_000

ここで使用する言語(日本語)を選択します。

ファイル_001

ここで使用する国(日本)を選択すれば、言語の設定は完了です。

ファイル_002

キーボードの選択

そしてキーボードの選択をします。通常はこのまま次へをクリックすれば大丈夫です。

(この設定は後から変更も可能です)

ファイル_004

ネットワークの設定

通信をしないとアクティベーションできませんのでネットワークの設定を行います。WiFiのネットワークを選択し、パスワードを入力して次へをタップします。

キャリヤのデーター通信を使用する場合は“モバイルデータ通信回線を使用”をタップして下さい。

ファイル_005

ネットワークの設定が正常に完了すればアクティベーションが始まります。

006

通信が正常に出来れば数分でアクティベーションが完了します。

まとめ

今回紹介した3つの設定の後、「位置情報サービス」や「TouchID」などの項目をいくつか設定すればiPhoneをやっと使える状態になります。

最初は不安ですが一度やってしまえばそれほど難しい作業ではありませんので、もしも必要になった場合のために覚えておきましょう。


イベント