Microsoft Wordで囲み文字を作成する方法

Wordで文書を作成しているとき、文字や数字を〇で囲みたいということがあるかと思います。

印鑑の「印」という字やマル秘の「秘」などはよく使われています。今回は、文字を〇などで囲む「囲い文字」の作成方法をご紹介します。

囲い文字の作成方法

「印」という文字から囲い文字を作成してみます。囲い文字は、全角1文字分、半角2文字分を囲むことができます。

1. 囲みたい文字を選択し、[ホーム]タブの[フォント]グループから[囲い文字]をクリックします。

囲い文字_1

2. [囲い文字]のダイアログボックスが表示されます。

囲い文字_2

3. 《スタイル》の「外枠のサイズを合わせる」か「文字のサイズを合わせる」どちらかを選択します。

4. 《囲い文字》の文字が「印」になっていること、右側で〇が選択されていることを確認して、《OK》ボタンをクリックします。

囲い文字_3_2

囲い文字は、〇のほかに□、△、◇を設定することもできます。

※「外枠のサイズを合わせる」は、フォントサイズが20ptの場合、設定後の囲い文字が20ptになりますので、文字はその中に入る大きさになります。「文字のサイズを合わせる」を選ぶと、20ptの文字を囲うので、囲い文字は大きくなります。

囲い文字_4

作成した囲い文字を解除する場合は、[囲い文字]ダイアログボックス《囲い文字》のスタイルから「なし」を選択します。

囲い文字を設定した後フォントサイズを変更すると、文字が崩れてしまいますので注意が必要です。

囲い文字_5

おわりに

以上が囲い文字の作成方法になります。

とても簡単に作成でき、丸以外に四角や三角なども選べるところが便利です。ビジネス文書だけではなく、インパクトのあるチラシなどでも活用できますので、ぜひお役立てください。(サンプル画像は、Word2010です)


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中