イラストレーターでライブペイントを使って色を塗り分ける方法

この記事では、Adobe Illustrator CCのライブペイント機能を使用して、色を塗り分ける方法を解説しています。

ライブペイント機能は隙間も検出して色を塗ることができ、また線の色も塗りの色と同じように塗ることができます。その方法も合わせてご紹介します。

ライブペイントツールで色を塗る

ライブペイントツールを選択します。→ショートカットキーは半角英数字モードで「K」

2016-03-25_19h29_01

色を塗るオブジェクトを選択し、クリックしてライブペイントグループを作成します。

※オブジェクトを選択していない場合、下記のウィンドウが表示されます。

2016-03-25_20h31_28

次に、色を塗りたい範囲にカーソルを持っていくと、色を塗れる範囲が赤い線で囲まれます。

2016-03-25_20h36_38

この時、カーソルの上にツールポインターが表示され、ツールポインターには、選択した塗りの色や線の色を表示されます。

また、スウォッチライブラリのカラーを使用している場合は選択した色が中央に、左右に隣接した色が表示されます。矢印キーの左右で色を切り替えることができます。

2016-03-25_20h45_27

そして、そのまま塗りたい範囲の上でクリックすると、色を塗ることができます。

2016-03-25_20h38_24

隙間を検出して色を塗る方法

色を塗りたいオブジェクトに隙間があった場合でも、ライブペイントの機能で色を塗ることができます。

2016-03-25_23h31_31

オブジェクトを選択し、ライブペイントツールを選択し、オブジェクトをクリックします。コントロールパネルがライブペイント用になるので、隙間オプションをクリックします。

隙間オプションダイアログが開きます。隙間の検出にチェックをいれます。塗りの許容サイズが狭い隙間になっており、検出した隙間は0と表示されています。

許容サイズを大きくし、隙間を検出します。

2016-03-25_23h34_22

塗りの許容サイズは下記の4つの中から選択することが可能です。

  • 狭い隙間:約3pxの隙間を検出します。
  • 中程度の隙間:約6pxの隙間を検出します。
  • 広い隙間:約12pxの隙間を検出します。
  • カスタムの隙間:設定した任意の値で隙間を検出します。

2016-03-25_23h38_28

今回は「広い隙間」で検出することができました。OKをクリックするとクローズパスとして扱えるようになり、色を塗ることができます。

また、「パスで隙間を閉じる」を選択すると、オブジェクトを実際にクローズパスに変更します。

2016-03-25_23h36_34

2016-03-25_23h45_17

線にも色を塗る方法

ライブペイントツールをダブルクリックして、ライブペイントオプションを開きます。オプションの「線をペイント」にチェックを入れ、OKを選択します。

2016-03-26_00h00_45

線の上にカーソルを持ってくると、ブラシが表示されるので、クリックします。

2016-03-26_00h04_06

これで、線の色も塗ることができました。

2016-03-26_00h04_33


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square