WordPressで固定ページのテンプレートを作る方法

WordPressではたくさんのテーマが提供されているため、様々なデザインのサイトを作成することが出来ます。

しかし、使っているテーマを変更しないまま、そのデザインとは異なるイメージのページを追加したい場合があるかと思います。ここではそんな願いをかなえる、固定ページのテンプレートを作る方法をご紹介します。

PHPファイルを製作する

公式テーマ「Twenty Thirteen」に固定ページのテンプレートを追加する方法をご説明します。

管理画面の左メニューにて「外観」→「テーマの編集」をクリックしてテーマの編集画面を見るとTwenty Thirteenは多くのPHPファイルで構成されていることがわかります。固定ページのテンプレートとして追加するPHPファイル名はこれらと異なる名前をつけましょう。

PHPファイルはテキストエディタを使って作成します。Windowsならメモ帳でも作れますね。

ファイル内の冒頭に必ず以下のコードを記述します。

<?php
/*
Template Name: 自作テンプレートその1
*/
?>

「自作テンプレートその1」の部分はお好きな文言にして大丈夫です。わかりやすい名前がおすすめです。

そのあとにお好きなコードを記入してPHPファイルを完成させてください。サンプルのため、白地に一文のみというシンプルなページを作ってみます。

<?php
/*
Template Name: 自作テンプレートその1・白地
*/
?>
<h2>新しい自作の固定ページテンプレートです。</h2>

01

これをテーマ内の既存ファイル名とかぶらない「test.php」と名付け、UTF-8形式で保存しました。

この「test.php」ファイルをFTPクライアントソフトで「/themes/twentythirteen/」内にアップロードしてください。

テンプレートを使った固定ページを作成する

管理画面の左メニューにて「固定ページ」→「新規追加」をクリックしてください。

「ページ属性」の「テンプレート」に先ほど追加した「自作テンプレートその1・白地」という項目が増えています。この「自作テンプレートその1・白地」を選択して「プレビュー」をクリックしましょう。

02

すると以下のような白地に文字だけのページが出てきます。使用しているテーマのデザインが適用されていない独自の固定ページを製作することが出来ました。

03

デフォルトのテンプレートをした固定ページは以下のようになるのでその違いがよくわかると思います。

04

まとめ

固定ページのテンプレートを作る方法を覚えれば、サイトのトップページだけ独自の機能を持ったデザインを構築したりと、サイト製作の幅がグンと広がるはずです。

作業自体は難しくないのでぜひ活用してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)