Microsoft Wordで文書内の書式を一括で置換する方法

文書を作成していて、特定の場所の文字や段落などを一度に変更したいと思ったことはありませんか?

このような時はワードの「置換」という機能を使うと簡単に変更することができます。今回は、この置換の方法を説明していきます。

フォントを一括置換

ここでは、文字列の「書式」という文字を「青色、太字、14pt」にしてみます。

「ファイル」タブから「置換」を開きます。

置換3

検索する文字列に「書式」と入力し、置換後の文字列にカーソルをおきます。

「オプション」をクリックすると書式の項目が表示されるのでそこをクリックします。

置換修正

文字の書式をかえるので「フォント」をクリックして開きます

置換6

「フォントの色」、「スタイル:太字」、「サイズ:14」を選んでOKを押します。

置換7

設定した書式が表示されます。「すべて置換」をクリックします。

すべて置換

「完了しました。1個の項目を置換しました。」と表示されます。

完了置換

これで書式を一括で置換することができました。

段落を一括置換

行間や段落の設定なども一括で置換することができます。

先ほどと同じ「ファイル」タブから、段落を選択して置換を開きます。書式から「段落」を選択します。

段落置換4

「行間と段落後の間隔」をお好みで設定してOKを押します。

段落設定置換

「すべて置換」を押します。

段落置換5

選択範囲で1個の項目を置換しました。「文書の残りの部分も検索しますか?」と表示されるので「はい」を押します。

置換10

「完了しました。1個の項目を置換しました。」と表示されます。

完了置換

これで段落を一括で置換することができました。

まとめ

一度に文字の色や大きさ、行間や段落の設定などを置換することはとっても効率的で便利な機能ですね。

置換をする時に、書式を設定を誤ってしまった場合は「書式の削除」をすると一旦設定した書式はなくなり、再度設定することができます。