Microsoft Wordで用紙サイズ・余白を設定する方法

文書を作成する前に最初から用紙のサイズや余白を設定しておくと、印刷する時などに手間取らずに済みますよね。A4やB5、ハガキなどの用紙にあった設定をしていくと、とても見やすい文書になり、レイアウトもしやすくなります。

今回は用紙サイズと余白の設定方法を紹介します。

用紙サイズの設定方法

「ページレイアウト」タブを開き、「サイズ」のアイコンをクリックします。

用紙

 A4やB5、ハガキなど様々な用紙のサイズが表示され、クリックすると設定されます。

用紙4

定形外の用紙の場合

定形外の用紙は自分で数値を入れて設定します。

※接続しているプリンタによっては定形外の用紙は印刷できないこともあるため、予め確認が必要です。

一番下にある項目のその他の用紙サイズを選びます。

用紙」5

「用紙サイズ」で「サイズを指定」を選びます。

「幅」と「高さ」に設定したいサイズの数値を入力し、OKを押すと表示されます。

サイズ3

これで用紙サイズの設定ができました。次は余白の設定をしていきます。

余白の設定方法

「ページレイアウト」から「余白」のアイコンをクリックします。

余白4

余白の様々な設定が表示されます。

「標準」、「狭い」、「やや狭い」、「狭い」などがあり、クリックすると設定されます。

余白を狭くすると入力できる文字数が増え、広くすると文字数は少なくなります。使う用途やレイアウトによって変えていくとよいでしょう。

※初期設定では標準になっています。

余白2

実際に設定によってこのように余白の幅が変わります。

標準の余白                 

標準 

狭い余白

 狭い

ユーザー設定で調節

自分の設定したい余白の幅がない場合は、サイズを自分で設定することができます。項目の一番下にあるユーザー設定の余白をクリックします。

余白3

余白タブを開き、上下左右に好きな数値を入力してOKを押すと表示されます。これで余白の設定ができました。

余白5


まとめ

サイズを設定する時どんな文書を作成するか予め決めておくと指定しやすいですね。また、余白は文字数やレイアウトをどのようにするかを考えて設定することも大切です。