Microsoft Wordでページ番号をつける方法

複数のページがある時にページ番号をつけると、見る人にとって読みやすく、理解しやすい文章にできますよね。ページ番号は文書の内容によって、つける場所やデザインを選ぶことができます。

そこで、今回はWordでページ番号をつける方法を説明していきます。

1. 場所を指定してページ番号をつける

「挿入タブ」を開き、「ページ番号」をクリックします。

  • 「ページの上部」: ページの上
  • ページの下部」:ページの下
  • 「ページの余白」:余白の部分
  • 「現在の位置」:現在開いている場所

それぞれ上記のように設定することができます。 

ページ番号

カテゴリは以下の3つです。

  • 「シンプル」:飾りのないノーマルなカテゴリ
  • 「Xページ」:太字の書式が設定されたカテゴリ
  • 「X/Yページ」:1/2など総ページが設定されているカテゴリ

ページ番号2

場所は「左、中央、右」と選べます。

ページ番号3

「右」を選ぶとページの右に番号が付きました。

ページ番号4

ページの下部にページ番号をつけます。

ページ番号下部

下部の「右」にページ番号がつきました。

ページ下部2

これでページ番号をつけることができました。

2. ページ番号の書式設定

ページ番号の項目の中にある、「ページ番号の書式設定」を開きます。

ページ番号書式

「番号書式」には1,2,3以外にもいろいろな種類があります。作成した文書に合ったものをつけると、より見やすく素敵なデザインの文書になるでしょう。

種類

好きな番号書式を指定して「OK」を押すとページ番号が設定されます。

番号書式

まとめ

複数のページがある文書だと、ページ番号をつけていないと見たいページを探すのにとても時間がかかってしまいますね。目次がついているのにページ番号がないと探すこともできません。

文書に合ったページ番号を、デザインと場所を考慮して挿入することが大切ですね。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中