PythonでExcelファイルの読み込みを行う方法:xlrd

Python で Excelファイルのデータを読むこむ方法を説明します。xlrd は標準ライブラリではありませんので、ライブラリをインストールをする必要があります。

xlrd のライブラリのインストールには pip を使うと便利です。
pip を使う場合は以下のコマンドを入力するだけで簡単にインストールできます。

$ pip install xlrd

Excelファイルを読み込む

Excelファイルを読むこむ場合は、open_workbook を使用します。open_workbook の引数にはファイル名を指定します。

import xlrd

book = xlrd.open_workbook('test.xls')

sheet1 = book.sheet_by_index(0)

cellA1 = sheet1.cell(0, 0) 
cellA2 = sheet1.cell(1, 0) 
cellB1 = sheet1.cell(0, 1) 
cellB2 = sheet1.cell(1, 1)

print cellA1.value
print cellA2.value
print cellB1.value
print cellB2.value

まず、open_workbookでExcelファイル(text.xls)を読み込み、sheet_by_indexでシートを指定します。sheet_by_indexの引数にはシート番号を渡します。

そして、cellでセルの値を読み込みます。cell の引数には(行番号, 列番号)を指定します。行番号と列番号は0から始まるので、注意してください。

xlrdでできるのはデータを読み込むことだけです。たとえCellオブジェクトのvalue属性に新しい値を代入したとしても、元のファイルの値を書き換えることはできません。もしExcelファイルに書き込みたい場合は xlwt モジュールを使いましょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)

購読

平日・毎朝更新中