iPhoneでiCloud Driveを使用する方法

iPhoneにはiCloudというバックアップをする便利な機能がついていますが、iOS8以降ではそのなかに「iCloud Drive」という機能があります。iPhoneのバックアップデータだけでなく、写真やその他のファイルなどを複数の端末と(iPhoneだけでなくパソコンなどとも)共有することができます。

今回はiPhoneでiCloud Driveを使う方法を紹介します。

iCloudを設定

まず最初にiCloud Driveを使うためにはiCloudを使えるように設定しなければなりません。設定のアイコンをタップし設定の項目の中にあるiCloudをタップします。

2

iCloudにログインされていない場合はこの画面になるのでApple IDを入力してログインします。もしApple IDが未作成であればこの画面から作成もできます。

5

「iPhoneを探す」等の設定を尋ねられるので設定します。これでiCloudにログインができ、iCloudのサービスが有効になりました。

iCloud Driveの設定

iCloud Driveでデータを共有するにはそれぞれの端末で設定やアプリのインストールが必要です。

iPhone での設定

iCloudにログインすると、この画面になるのでiCloudの欄をタップし次の画面の「iCloud Drive」のスイッチをオンにします。

6

これでiCloud DriveがiPhoneで使えるようになりました。ホーム画面にアイコンを表示する設定と各アプリとの連携もこの画面で行えます。※アイコンはここで設定しないと表示されません。

他のiPhoneやiPadで共有するにはそれぞれの端末で同様の作業を行ってください。

パソコンでの設定

パソコンのファイルも共有するには「Windows」ではアプリのインストールをして利用した方が簡単です。Appleのホームページからダウンロードしてインストールしてください。

8

ログインして設定でiCloud Driveの欄にチェックを入れれば使えるようになります。

ユーザー以下の階層にiCloud Driveのフォルダ―が作成され、このフォルダ―のファイルが共有されるので、このフォルダに共有したいファイルを保存、またはドラッグ&ドロップしてください。

9

これでiPhoneと共有できました。

10

Macの「OS X Yosemite」以降では、Apple メニュー > システム環境設定 > 「iCloud」を選択し、同じApple ID でサインインすることで共有することができるようになります。

まとめ

このようにiPhone、iPadやPC(Win、Mac)とファイルが共有することで、PCで作成したファイルをiPhoneで閲覧や訂正できるようになるので端末や場所を選ばず自由度が高まります。

このiCloud Driveを活用してさらに便利にiPhoneを利用していただけたらと思います。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square