Microsoft Wordでタブを利用して文字の位置を揃える方法

文章の中で複数の項目があり、文字の印字位置を揃えたい場合、Wordではタブ機能により自動的に印字位置を揃えることができます。

タブ機能を使用するのに必要な設定

タブ機能を使用する前に、あらかじめ様々な設定をしておく必要があります。

1. 「ファイル」→「表示」を選択し、「ルーラー」をチェックします。

08-01

2. 「ホーム」を選択し、「段落」にある編集記号のマーク(矢印が2つ表示されている)をクリックします。色が付けば、設定されていることになります。

08-02

タブによる編集方法 

1. 文字の位置を揃えたい文章の範囲を選択します。

08-03

2. ルーラーの左端にあるマークをクリックし、「左揃え」(L字)や「右揃え」(逆L字)などを選択します。

08-04

3. ルーラー上で、揃えたい文字の開始位置をクリックします。

08-05

4. 項目と項目の間にカーソルを合わせて、「Tab」キーを押します。

08-06

5. タブの位置を揃え直したい場合は、再び対象となる箇所を選択し、ルーラーに表示されているL字型などのマークを左クリックしたままドラッグ&ドロップすると、まとめて移動されます。

タブに関する各種設定について 

1. ルーラー上にあるマークをクリックします。

2. 「配置」で文字の揃え方や、「リーダー」(文字と文字の間の部分に引く線)について、設定します。

08-07

まとめ

体裁を整えるために、いちいち1文字ずつ自分で入力して揃えるのはかなり手間がかかると思いますが、タブ機能を使うとまとめて揃えることができるので、便利だと思います。ぜひ活用してみてください。