Facebookで友達を削除する方法とバレない対処法

更新する回数が多い人や友達の申請を承認してしまったけどプライベートの情報を見られたくない人も多いのではないでしょうか。友達を削除すると相手にバレてしまうし、気まずくはなりたくないですよね。

今回は友達を削除する方法とバレない対処法を紹介します。

友だちを削除する方法

1

バレてもいいから削除したい人にオススメする方法です。まず、友達から削除したい人のページに移ります。

2

プロフィールの横あたりにあるチェックマーク付きの「友達」というボタンがあります。チェックマークがついているということは、現在、Facebook上の友達の状態であるということなのでこれを削除します。

「友達」ボタンをクリックすると「親しい友達」、「友達を紹介する」、「友達から削除」とあるので、「友達から削除」をクリックします。クリックし、「友達になる」というボタンが表示されていると友達からは削除されています。これで完了です。

バレない対処法

削除すると「知り合いかも?」のリストに表示されて相手に気づかれてしまったり、友達リストから消えていることで気づかれてしまいます。

バレない対処法といっても相手に友達リストを確認されてしまうと、どちらにせよバレてしまうのですが、「ブロック」をすると、友達になることすらもできなくなり、相手のコンテンツが表示されず、メッセージも送れません。 3

本当にその人から離れたいと思うのなら友達削除よりブロックすることをオススメします。

ブロック方法は先ほど同様、友達のページに移りメッセージの横にある「…」のボタンをクリックします。

「ブロック」と表示されたらそれをクリックし、ブロックについての確認をし、「確認」をクリックするとブロック完了です。

まとめ

Facebookだけで繋がっている人や実際会う機会が少ない人など、友達リストの中で関わりがない人も多いはずです。この方法を使って友達リストから削除してみてはいかがでしょうか。