入れておくべきWordPressプラグイン7選

WordPressの魅力をひとつ挙げるなら、なんといっても多様なプラグインが豊富にあることではないでしょうか。しかし一方でどれを選んでいいのか悩んでしまうこともあると思います。

そこで、入れておくべきWordPressプラグインを7つ厳選してご紹介します!

WordPressプラグイン7選

Akismet

WordPressをインストールした直後からプラグイン一覧にあるので名前を知っている方は多いと思います。それもそのはず、WordPressの運営会社が提供しているプラグインなのです。使用するにはAPIキーという耳慣れないものを取得する必要がありますが、無料です。

コメントやトラックバックに届くスパムを自動判別してくれるプラグインです。

All in One SEO Pack

WordPressサイトのSEO対策するならコレ、というぐらい定番のSEO対策プラグインです。

サイトや記事ごとのメタ要素を設定ができるうえに、SNSで情報拡散効果を上げるOGPの設定をすることが出来ます。さらに、インデックスの制御やクローラー向けサイトマップの作成・送信など多岐にわたり細かくSEO対策設定が出来る、まさにオールインワンの名にふさわしいプラグインなのです。

設定項目が多いのでSEO初心者さんには少し大変ですが、使ってみてください。

WP Social Bookmarking Light

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの共有ボタンを設置できるプラグインです。この共有ボタンを設置していれば訪問者が記事を気に入ったとき、気軽にソーシャルメディアで共有することが出来ます。たくさん拡散してもらえればサイトの知名度や注目度も上がりますよね。

このプラグインの優れたところは、はてなブックマークなど日本特有のソーシャルメディアにも対応しているところです。

PS Auto Sitemap

初めて訪れたサイトの全体像を視覚化したサイトマップページがあると便利ですよね。訪問者を迷子にさせてしまわないためにも、このプラグインを使ってサイトマップを作成しましょう。一度作成してしまえば新しいページを作るたびに自動でサイトマップも更新してくれます。また、デザインも複数用意されているのがうれしいポイントです。

Breadcrumb NavXT

パンくずリストを作成し表示してくれるプラグインです。パンくずリストはサイトの階層やページ数が多くなったときに特に効果を発揮してくれますよね。訪問者がいまどの階層のページを見ているのかわかるようになるだけでなく、SEO対策にも有効です。どのように表示するかプラグインで細かな設定が出来ます。

WP-PostViews

このプラグインを入れると閲覧回数の多い記事、つまり訪問者に人気の記事をランキング形式でリストアップするウィジェットが追加できるようになります。人気の記事をわかりやすく表示させ、効率よく読んでもらうことでサイトのファンが増える可能性が高まりますよね!

ちなみに、不人気記事順に表示することも出来るのがこのプラグインの面白いところです。

Broken Link Checker

自分のサイトから外部のサイトへリンクを貼ることってよくやる作業ですよね。それら過去に貼ったURLがリンク切れしてないか目視でひとつひとつ確認するのは至難のワザです。このプラグインを入れておけば自動でリンクをチェックし、リンク切れがあれば教えてくれます。

リンク切れを放置しておくのは訪問者に不親切ですし、SEO対策としても良くないので入れておくべきです。

まとめ

たくさんあるプラグインの中から本当に便利なものを見極めるのは大変です。まずはご紹介したプラグインを入れてみて、プラグインを使うことに慣れてみてください。


イベント