Windows10でのOneDriveの基本的な設定方法

Microsoftアカウントでサインインすると、Microsoft社のクラウドサービスであるOneDriveを使うことができます。お使いのPCのファイルを自動保存する設定などがあって便利な反面、多くのファイルのやり取りがネットワークを通じで行われますので、設定を理解のうえ、お使いことをおススメします。ではWindows10でのOneDrive設定方法を紹介します。

Windows10での基本的な設定方法

タスクバー左側にある「^」から雲のアイコンを見つけて、マウスの右クリックから「設定」を押します。

1

OneDriveに関する設定項目一覧が表示されます。初期設定では「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」にチェックが入っています。PCのファイルにアクセスしたい場合は、もうひとつの項目「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスできるようにする」にチェックしてください。ただし大きな容量のファイルの通信が行われることになります。またOneDriveに保存されているファイルを複数の人と編集したい場合は「Officeを使って、ファイルでの作業を他の人と同時に行う」にチェックを入れてください。

2

「アカウント」のタブは、クラウドサービスの容量使用量とOneDriveのリンク解除に関する設定です。OneDriveの使用できる容量には制限がありますので注意ください。

3

「自動保存」タブは写真やドキュメント、動画などの保存先や保存の関する設定になります。

4

「バージョン情報」タブは、OneDriveの使用条件やヘルプ情報です。

5

まとめ

OneDriveの基本設定は、タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックして、「設定」から変更します。通信量に制限があるかたはできるだけチェックをはずしてお使いください。


イベント