Windows10でMicrosoft IMEのクラウド候補機能を使用する

IMEInput Method Editor)とは日本語入力システムのことで、WindowsではMicrosoft IMEが標準で搭載されています。文字入力を容易にするため、良く使用する単語を登録しておく機能が有名です。さらに新しい機能として、流行の言葉をネットワークから検索し、それを文字入力にフィードバックするというクラウド候補機能が搭載されました。例えば、今まさに流行っている音楽やスポーツ選手、お笑い芸人のフレーズなど、よく検索される言葉を変換候補として取り上げるということです。それではMicrosoft IMEのクラウド候補機能を使う方法を紹介します。

Windows10Microsoft IMEのクラウド候補機能を使用する。

タスクバーの右側にあるMicrosoft IME(下の例では「あ」と表示されています)を右クリックします。

1

表示された項目一覧から「プロパティ」を選択します。

2

Microsoft IMEの設定」が開きますので、「詳細設定」を押します。

3

Microsoft IMEの詳細設定」が開きます。画面中央にある「クラウド候補を使用する」にチェックマークを入れて「OK」を押すとクラウド機能を使うことができます。

4

まとめ

Microsoft IMEのクラウド候補機能を使用するには、タスクバーにあるMicrosoft IMEを右クリックして、「Microsoft IMEの設定」「Microsoft IMEの詳細設定」から設定できます。なおクラウド候補機能はMicrosoftの検索サービスBingを使うため、入力中の文字を暗号化しインターネットを通じてBingに送信されます。このため文字入力だけで通信することになりますので、通信量制限や通信速度に影響があるかたは注意してご使用ください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)