Windows10でPINを設定・削除する方法

多くの方はWindows10にはMicrosoftアカウントでサインインすると思います。どのパソコンからでもMicrosoftアカウントでサインすればOneDriveOutlookなどのサービスが利用できます。しかしセキュリティ上、パスワードを盗まれると誰でもどのパソコンからでもサービスが利用できます。ここで、特定のパソコンだけにPINという暗証番号を設定し、Microsoftアカウントのパスワードを隠すと、PINが盗まれても特定のパソコンがなければアカウントにはサインインできなくなり高いセキュリティとなるので、PIN設定をすでにされている方もいると思います。そこでPINを設定し直したり、削除する方法を紹介します。

Windows10PINを設定・削除する方法

Windowsのスタートボタンを左クリックして、設定を開きます。

1

設定の項目一覧から「アカウント」を選びます。

2

アカウントのウィンドウが立ち上がったら、左側の項目から「サインインオプション」を押します。右下にPIN設定に関する項目があります。まずはPINを削除する方法を紹介しますので「削除」を押してください。

3

PINを削除しますか?」とウィンドウが立ち上がりますので、「削除」を押します。

4

Microsoftアカウントのパスワードを入力するウィンドウが表示されますので。入力して「OK」を押せばPIN設定が削除されます。

5

つぎにPIN設定を変更する方法を紹介します。「設定」「アカウント」「サインインオプション」の順で「変更」を選びます。

6

PINの変更画面が表示されますので、上の入力欄には現在のPINを、下の入力欄には変更したいPIN2箇所に入力して「OK」を押せば完了です。

7

まとめ

Windows10PINを設定・削除するには「設定」「アカウント」「サインインオプション」で「変更」を選びます。