Windows10でスタートメニューをカスタマイズする方法

Windows10のスタートメニューは従来からある文字を基調とした左側のメニューとタイルを基調とした右側のメニューが合体しています。また、このスタートメニューはタイル側を中心に容易にカスタマイズすることが可能ですので、その方法を紹介します。

Windows10でスタートメニューをカスタマイズする方法

スタートメニューのカスタマイズは、どの項目をタイルにするか(ピン留め)、タイルのサイズ変更、スタートメニュー全体のサイズ変更からなります。タイルは、クリックすると一発起動できるショートカットです。よく使用するアプリをタイルにピン留めすると作業効率が向上します。

例えば、「Photo Scape」というアプリを良く使うのでタイル化したい場合は左側の通常メニューから「Photo Scape」を選び、右クリックを押すと、別メニューが出ます。下の画像では別メニューを展開した例を表示していますが、一番上にある「スタート画面にピン留めする」を選びます。

1

そうすると、タイルが作成されます。

2

つづいて、タイルのカスタマイズを紹介します。サイズを変更したい場合は、変更したいタイルを選んでマウスを右クリックします。そうすると、別メニューが表示されますので「サイズ変更」を押し、ご希望のサイズを選ぶと終了です。

また、タイルから削除したい場合は、一番上にある「スタート画面からピン留めをはずす」を選ぶとタイルが消去されます。なお、タイルは消去されますがアプリ自体が消えるわけではありません。

3

最後にスタートメニューのサイズの変更を紹介します。初期設定ではご使用のスクリーン解像度をもとに自動調節されます。しかし、スタートメニューの一番右端をドラッグして右側に移動すると、スタートメニューを広げることができます。

4

まとめ

アプリのタイルへの追加とタイルの削除、サイズ変更は右クリックのメニューで選択してください。また、メニューは右端をドラッグすることで大きさを変更することができます。

スタートメニューを自分の使いやすいようにカスタマイズして、作業効率を良くしましょう。