Windows10でタッチキーボードを使う方法

Windows10はパソコンとしてもタブレットとしても、どちらでも使用できるオペレーティングシステムです。

機種や用途によって、「デスクトップモード」と「タブレットモード」を、自由に何度でも切り替えることができますし、タッチパネル機能がついているディスプレイであれば、タッチキーボードを使うことも可能です。それではタッチキーボードを使う方法を紹介しましょう。

Windows10でタッチキーボードを使う方法

画面下側にあるタスクバーを右クリックします。表示されたメニューから、「タッチキーボードボタンを表示」を選びます。

1

タスクバーの右端に、文字が表示されているIMEのアイコン(下の例では「あ」と表示されています)とアクションセンターアイコンの間にキーボードのアイコンが現れました。そこをクリックします。

2

画面下にタッチキーボードが表示されました。これでディスプレイにタッチパネル機能があるコンピューターやタブレットはキーボードを使うことができます。

3

タッチキーボードを使わなくなった場合は右上にある「×」を押すと、消えます。もう一度使いたい場合は、タッチキーボードのアイコンをクリックすれば表示されます。

まとめ

Windows10でタッチキーボードを使うためには、タスクバーを右クリックして「タッチキーボードボタンを表示」を選択してください。

なお、表示されたタッチキーボードのレイアウトは変更することができ、キーボード右上隅にあるキーボードアイコンを押すと、分割キーボードなど変更が可能になります。