Windows10でファイアウォールをつけたまま通信を許可する方法

Windows10ではセキュリティの観点から、多くのアプリ・ソフトがファイアウォールにブロックされてしまいます。そのような、アプリ・ソフトを使用したい場合、ファイアウォールを通じた通信を許可をする必要があります。

Windows10は通信の環境によって、ファイアウォールを通じた通信を設定できますのでその方法を紹介します。

Windows10でファイアウォールをつけたまま通信を許可する方法

Windowsのスタートボタンを右クリックして、コントロールパネルを開きます。

1

コントロールパネルの項目一覧から「システムとセキュリティ」を選びます。

2

「システムとセキュリティ」の項目一覧から「Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可」を押します。

3

「アプリにWindowsファイアウォール経由の通信を許可する」という項目が表示され、許可されたアプリ及び機能の一覧が表示されます。すでに表示されている項目に変更を加えたい場合は「設定の変更」を押し、プライベートとパブリックのチェックで変更します。

4

その他のアプリについて、設定したい場合は、「別のアプリの許可」を押します。

5

「アプリの追加」のウィンドウで設定したいアプリを追加します。

7

これで設定完了です。

まとめ

Windows10でファイアウォールをつけたまま通信を許可する方法はコントロールパネルの「システムとセキュリティ」から「Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可」で設定できます。

是非、困った場合は今回の方法を使ってみてください。