Windows10でローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更する方法

ローカルアカウントは従来からあるWindowsPCのアカウントですが、セキュリティの高いOneDriveOutlookなどMicrosoftのサービスを利用することができません。

Windows10ではMicrosoftの機能やサービスを十分利用できるようにMicrosoftアカウントで利用することを勧めています。

そこでローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更する方法を紹介します。

ローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更する方法

まず、Microsoftアカウントに変更したいローカルアカウントでログインしてください。そしてWindowsのスタートボタンを左クリックして、設定を開きます。

1

設定の項目一覧から「アカウント」を選びます。

2

左側の項目から「お使いのアカウント」を選択すると、右側にはログインしたローカルアカウントが表示されます。その下の「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」を選択してください。

3

「自分用にセットアップする」のウィンドウが立ち上がります。Microsoftのサービスを受けたいメールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」を押します。

4

「パスワードは時代遅れです」という表示がでますが、「この手順をスキップします」を押すと、Microsoftアカウントに切り替えることができます。

7

まとめ

ユーザーアカウントをMicrosoftアカウントに切り替えるには、「設定」「アカウント」から「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」の順で進めてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square