Windows10を暗証番号でサインインできるようにする方法

多くの方はWindows10にはMicrosoftアカウントでサインインすると思います。どのパソコンからでもMicrosoftアカウントでサインすればOneDriveOutlookなどのサービスが利用できます。しかしセキュリティ上、パスワードを盗まれると誰でもどのパソコンからでもサービスが利用できます。ここで、特定のパソコンだけにPINという暗証番号を設定し、Microsoftアカウントのパスワードを隠すと、PINが盗まれても特定のパソコンがなければアカウントにはサインインできなくなり高いセキュリティとなります。そこで暗証番号でサインインする方法を紹介します。

Windows10を暗証番号でサインインできるようにする方法

Windowsのスタートボタンを左クリックして、設定を開きます。

1

設定の項目一覧から「アカウント」を選びます。

2

アカウントのウィンドウが立ち上がったら、左側の項目から「サインインオプション」を押します。

3

中央にPIN設定に関する項目がありますので「追加」を押します。

4

「パスワードを再度入力してください」とウィンドウが立ち上がりますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」を押します。

5

 
PINのセットアップ画面が表示されますので、PIN(暗証番号)を入力し、「OK」を押します。これでPIN設定が終了します。

6

PINが設定されていると、アカウントの画面で下の画像のように表示されます。

7

まとめ

Windows10で暗証番号を設定するためには「設定」「アカウント」から「サインインオプション」を選んでください。