Windows10でOneDriveを経由してPC設定を同期する方法

普段使用しているパソコンと別なパソコンで作業を行うとき、テーマの設定が違ったりブラウザーのお気に入りなどの設定が違うと、使い慣れるまで操作しづらく作業性が悪いという問題があります。しかしWindows10ではOneDriveを通してMicrosoftアカウントの設定情報を他のデバイスと同期することができます。具体的に同期できる設定情報は画面のテーマや言語、Webブラウザーの履歴やお気に入りなどになります。例えばPC設定を同期していた場合、あなたが別なパソコンからMicrosoftアカウントでサインインすることによって普段お使いのパソコンと同じ環境で作業や操作できるということです。それではPC設定を同期する方法について紹介します。

Windows10OneDriveを経由してPC設定を同期する方法

Windowsのスタートボタンを左クリックして、設定を開きます。

1

設定の項目一覧から「アカウント」を選びます。

2「アカウント」の設定画面が表示されましたら、左下にある「設定の同期」を押します。右側に「設定の同期」が表示されます。全体を同期するスイッチと個別に設定を同期するスイッチが分かれています。同期できる設定は「テーマ」「Webプラウザーの設定」「パスワード」「言語設定」「簡単操作」「その他のWindowsの設定」です。同期したい希望のスイッチをオンにしてください。

3

まとめ

Windowsのスタートボタンの左クリックから「設定」アカウント「設定の同期」を選ぶことで、OneDriveを経由したPC設定を同期することができます。