Windows10のインストールメディアを作成する方法

一般的にWindows7やWindows 8.1からWindows 10へ無償でアップグレードできますが、無償とはいえ、インストールメディアがないと、万が一失敗してしまったら? と不安に思う方もいるかと思います。

Windows 10にもインストールメディアを作成する方法があるので記載したいと思います。

インストールメディア作成手順

下記リンク先のMicrosoftのページで、Windows 10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード情報が公開されています。

Windows 10 のディスクイメージダウンロード

ディスクイメージISO1

まず、ページにアクセスし、下へスクロールしていくと「ツールを今すぐダウンロード」と表示されたボタンがあります。そのボタンをクリックし、インストールメディア作成ツールをダウンロードします。

abd50b01adf2a04e72d2b0fca5ec761d

次に、インストールメディア作成ツールを実行します。「実行する選択を選んでください」というメッセージウィンドウが表示されるので、その中の「他のPC用にインストールメディアを作る」にチェックを入れて次に進みます。

ディスクイメージISO3

そして、Windows 10のインストール環境に関する選択画面になります。「USBフラッシュドライブ」と「ISOファイル」の選択肢がありますが、後者にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

すると、ダウンロードがはじまるので完了するまで待ちます。完了すると「ISOファイルをDVDにコピーしてください」と表示されたページになるので「完了」をクリックします。

後は、ISOファイルをDVDに焼く作業が必要になります。DVDドライブとDVD作成用ソフトが必要になります。ソフトに関してはフリーソフトがありますので、ダウンロードして環境を整えてください。

以上で、インストールメディアの作成が完了します。

まとめ

インストールメディアを作成しておけば、使用しているPCで何らかのトラブルがあった際の再インストールが可能になり、他のPCでもWindows 10をインストールすることができ便利です。

Windows 10へのアップグレードが完了した方も、少し面倒ではありますがインストールメディアを作成しておくことをおススメします。


イベント