Windows10の無償アップグレードの予約をする方法

Windows 8/8.1の後継としてリリースされた新しいOS「Windows 10」。「9」を飛ばしていきなり「10」のリリースとなったわけですが、世界No.1のシェアを誇るWindowsなだけに話題となっています。

今回のリリースにあたって第一に注目すべき点は、「2016年7月まで無料提供される」ということです。Windows 7 、Windows 8.1ユーザーは無料でWindows 10へアップグレードできます。

そしてもう一つ注目すべき点は、「Windows 10はWindowsとして最後のバージョンになる」ということです。

これは、Windowsが今後なくなるわけでもなく、まったく別のOSが登場するというわけでもありませんが、Windows 7からWindows 8のようなメジャーアップデートがなくなります。今後はWindows 10.1とかWindows 10.5とか細かいアップデートを繰り返して行くようになるわけです。

なので、現在「XP」や「Vista」などを使用しているユーザーも将来的にはWindows10を使わざるを得ない状況になります。

そのような状況の中、後々、有料になってしまうのなら、無料の間にアップグレードしておいた方がいいですよね。また、単純なアップグレードの方法ではなく予約をしてアップグレードをする方法を今回はご紹介します。

アップグレードする前にチェックしておくべき事項

アップグレードすることをお勧めしましたが、闇雲にアップグレードするのは危険です。

万が一アップグレードに失敗すると後々トラブル処理などで大変苦労することになります。現在の自分のパソコンでアップグレードしていいか、下記のポイントは最低限チェックしておいてください。

  • Windows 7かWindows 8.1が動作しているパソコンであること
  • 現在自分のパソコンがWindows 10へ対応できるスペックを持っているかどうか
  • パソコンのメーカーがWindows 10へのアップグレードに関するサポートを行っているかどうか
  • バックアップを取っているかどうか
  • ログインに指紋認証など特殊な方法を利用している場合は、普通のログイン形式に戻しているか
  • ウイルス対策ソフトは、専用ツールを使い完全にアンインストールしているか、もしくは最新のバージョンにアップデートしているか
  • IRSTなどDiskユーティリティやSSD/HDDキャッシュツールは削除しているかどうか

以上のことは必ずチェックしておいてください。CPUなど他にも、細かい確認事項はありますが、現在ではアップグレードに関する注意喚起が各方面でなされているので、チェックしておくと確実です。

アップデートに失敗するとメーカーによってはパソコン自体が使えなくなることもあるので注意が必要です。

Windows 10アップグレードにおけるメリット

 「アップグレードして大丈夫?」など何となく不安を抱いている人も多いと思います。でも、ちゃんとWindows 10にアップグレードできれば様々なメリットがあるのも事実です。Windows 10にアップグレードしたくなるいくつかのメリットをご紹介します。

  • 「スタートメニュー」が復活。Windows 8で消えてしまったスタートメニューが復活し、Windows 7以前のように操作することが可能です。また、起動したアプリの履歴も表示することが可能になったり、自分の使いやすいようにカスタマイズできたりと操作性が向上しています。
  • ディスプレイが1台でも、仮想デスクトップ機能によってマルチモニター環境のように扱えます。
  • アプリ切り替えが簡単になる「タスクビュー機能搭載」。起動中のアプリウィンドウを縮小サイズで全部表示させることができ、選択したウィンドウは最前面に表示させて利用することができるようになります。

無償アップグレード予約の良い所

Windows7もしくは8.1のユーザーなら2016年7月28日までの間でWindows 10へのアップグレード予約ができます。

アップグレードの方法には、専用ツールやISOファイル、USBメモリなどからアップグレードする方法もありますが、予約をしてアップグレードする方法がとても便利です。

なぜなら、アップグレード予約を行うことで、Windows10のリリース後にダウンロードが自動的に開始され、順次インストールできるようになります。また、予約ボタンやWindows Updateを使ってのアップグレードをMicrosoftも推奨しているので、それに従うのが無難と言えます。

予約取り消し1

無償アップグレードへの手順

  1.  Windowsアップグレード予約が可能になると、画面右下にWindowsアイコンが表示されるはずです。そのアイコンをクリックすると、Windows 10入手ウインドウが開きます。
  2.  Windows 10を無償で入手する手順というページが表示され「無償アップグレードの予約」というボタンが表示されているのがわかると思います。それをクリックします。
  3. クリックすると「アップグレードが予約されています」という表示のページが開き、確認を受信するためのメールアドレスを打ち込む欄が出てくるので、任意のメールアドレスを入力し送信します。

 以上でアップグレード予約は完了です。

まとめ

 Windows 10から新たに追加される機能は、ユーザーにとって便利なシステムが沢山あります。特に、操作性が向上することは、ユーザーのやる気をかき立てることにも繋がります。

みなさんも、Windows 10無償アップグレード予約を行い、魅力にあふれ快適になったWindowsライフを手に入れましょう。


イベント