Photoshopの選択ツール各種の特徴と選択範囲の作り方

Photoshopで画像を編集する際に欠かせない機能の一つが選択ツールです。選択ツールを使いこなせるようになることで、編集したい箇所を効率的に選択して作業を進めることが可能になります。

選択ツールの種類

選択ツールには以下の種類があり、状況によって使い分けることで複雑な選択も可能になります。

長方形や円形の選択範囲がつくれるツール

screenshot 180

長方形選択ツール、楕円形選択ツール、一行選択ツール、一列選択ツールがあります。

不定形な形の選択範囲がつくれるツール

screenshot 181

なげなわツール、多角形選択ツール、マグネット選択ツールがあります。

自動で選択範囲がつくれるツール

screenshot 193

クイック選択ツール、自動選択ツールがあります。

選択ツールの特徴

長方形選択ツール

544

長方形選択ツールは、ドラッグするだけで長方形の選択範囲を作成できます。実際は透明ですが、ここでは分かりやすいように選択範囲を薄い赤色にしました。選択範囲は点線で表示されます。

楕円形ツール

次に楕円形ツールです。長方形ツールと同じように、ドラッグするだけで円形の選択範囲を作成できます。

546

正円と正方形の作り方

長方形ツールと楕円形ツールでは、Shiftキーを押しながらドラッグすると、それぞれ正円と正方形の選択範囲を作成できます。

なげなわツール

549

画像上でドラッグして線で囲むことで選択範囲が作成されます。複数選択範囲を作りたいときは、Shiftキーを押しながら選択範囲を作成します。

01

screenshot 184

550

Shiftキーを押しながら作成することで、初めに作成した選択範囲を維持したまま、複数選択範囲を作ることができます。

多角形選択ツール

551

クリックした箇所が直線で結ばれ、選択範囲になります。

screenshot 186

screenshot 188

マグネット選択ツール

選択したい範囲をなぞると、画像内のものなどに沿うように選択範囲を作成できます。選択する際の線がマグネットのように境界線にくっついていきます。左上の青い絵の具を選択してみました。

screenshot 192

screenshot 191

クイック選択ツール

ドラッグした部分に隣接している近似色の部分までを選択することができるツールです。

今回は左上の青い絵の具を選択したいので、ドラッグを繰り返していきましたが、似ている色を選択するので、赤い矢印の似ている部分とくっついている箇所は無駄なところまで選択してしまっています。

screenshot 197

クイック選択ツールには、選択ツールの追加と削除のブラシがあるのでオプションバーでマイナスのマークが付いている方のブラシを選択して、はみ出してしまった部分をドラッグしました。

screenshot 196

screenshot 194

自動選択ツール

クリックした部分と隣接する同じ階調の部分が選択されます。許容値を指定することで、選択する階調の範囲を変更できます。

screenshot 198

shiftキーを押しながら別の箇所をクリックすることで、選択範囲を追加できます。

screenshot 199

Photoshopで選択範囲を解除する

一度作成した選択範囲を解除したい場合は、メニューの中にある選択範囲から「選択を解除」を選びます。Windows の場合はショートカットキーの「Ctrl + D」、Mac の場合は「command + D」で選択解除できます。

まとめ

今回は、基本的な使いやすい選択範囲を作成するツールをご紹介しました。

選択範囲を使用すると、選択した部分だけをコピーして複製することもできます。詳しい方法については以下の記事を参考にしてください。