Photoshopのパッチツール(「コンテンツに応じる」)の使い方

Photoshopのパッチツールは、画像上の不要なものを、画像上の他の部分をパッチのように使って削除したりして画像を修復するツールです。

Photoshopのパッチツールの使い方

Photoshopで編集したい画像を開きます。今回は赤ちゃんの画像のワクチンの痕をバッチツールで消してみたいと思います。

screenshot 211

次に、ツールパネルから「バッチツール」を選択します。

screenshot 220

バッチツールを選択したら、消したい箇所をドラッグして囲みます。

screenshot 227

選択した状態で選択範囲をドラッグします。作成した選択範囲で消去したい箇所以外を選択することで、最初に作成した消去したい選択範囲を修復します。適当なところにドラッグしたら完了です。

screenshot 226

「コンテンツに応じる」で修復することで、自動でより滑らかな状態で選択範囲の修復が行われます。

screenshot 224

似たような、消去したい文字やオブジェクトが無い箇所が、ある程度の面積がある場合はとても有効なツールです。広範囲を一気に修復するのに使用してください。また、適応の項目で、非常に厳密に・厳密に・中間・ゆるく・非常にゆるくから指定することができます。

screenshot 228

それぞれの効果を比較してみたので参考にしてください。

非常に厳密に

screenshot 229

厳密に

screenshot 230

中間

screenshot 231

ゆるく

screenshot 232

非常にゆるく

screenshot 233

適応の項目は後から変更することができるので、納得いかない仕上がりだった場合はこの項目を変更してみてください。他にも、スポット修復ブラシツールを併用することでより滑らかな仕上がりを実現することができます。