Photoshopのコピースタンプ&パターンスタンプツールの使い方

コピースタンプツールとパターンスタンプツールは、レタッチツールの1つで、画像上の不要な傷、汚れを削除したり、追加したいものがあるときに非常に便利なツールです。そこで今回は、コピースタンプツールの使い方と、パターンスタンプツールの使い方を紹介します。

コピースタンプツールの使い方

コピースタンプツールの特徴は、基準点を決めたところから元の画像全体がスタンプになるところです。初めは操作に慣れるのが難しいと思いますが、実際に手を動かしながらコツをつかんでいきましょう。

編集したい画像を開く

Photoshopで編集したい画像を開きます。今回はこの犬の画像で手順を紹介していきます。

screenshot 239

ツールバーからコピースタンプツールを選択します。

screenshot 238

基準点を設定する

赤枠で囲んだところを基準点に設定しました。基準点はalt(option)キーを押しながら画面上をクリックすることで指定できます。

screenshot 241

右上の適当なところでブラシで塗ってみました。赤枠のように基準点から元の画像が描画されていきます。

screenshot 242

パターンスタンプツールの使い方

パターンスタンプツールは、パターンで画像上を塗りつぶすことができるツールです。ツールバーからパターンスタンプツールを選択します。

screenshot 238

塗りつぶしを適用したいパターンを選択する

オプションバーの赤枠の部分を押してください。

62_1

Photoshopに登録してあるパターンが表示されるので、塗りつぶしたいパターンを選択します。表示されている以外のカテゴリのパターンを選択したい場合は右側の歯車のアイコンを押して呼び出してください。

screenshot 245

塗りつぶしを行う

塗りつぶしたい箇所をドラッグすると、選択したパターンで塗りつぶすことができました。オプションバーでブラシのサイズや描画モードなどの設定が可能なため、様々な塗りつぶしを行うことができます。また、オリジナルのパターンを登録して使用することもできるので、フリーのパターン素材や自作のパターン素材を登録して、自分用にカスタマイズするのも良いでしょう。

パターンを登録する方法については、下記記事で紹介しています。

screenshot 246

まとめ

Photoshopのコピースタンプ&パターンスタンプツールの使い方について紹介しました。各ツールそれぞれ特徴が異なるので、機能をきちん理解して、使いこなせるようになりましょう。