エクセルで日付と時間を自動入力するTODAY関数とNOW関数の使い方

TODAY関数は、現在の日付を表示する場合に使用し、NOW関数は、現在の日付と時刻を表示する場合に使用します。

今回は、TODAY関数とNOW関数についてと基本的な使い方について紹介します。

TODAY関数

TODAY関数は次のように入力します。

=TODAY()

現在の日付を表すシリアル値を返します。

NOW関数

NOW関数は次のように入力します。

=NOW()

現在の日付と時刻を表すシリアル値を返します。

TODAY関数、NOW関数の基本の使い方

1. 結果を表示させたいセルを選択します。

2. 関数の挿入ボタン「fx」をクリックします。

3. 関数の挿入ウインドウが開くので、「関数の分類(C)」で「日付/時刻」を検索し、「関数名(N)」の中から「TODAY」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

同様に、NOW関数の場合は、「NOW」を指定します。

9-1

4. 関数の引数ウインドウが開くので、「OK」ボタンをクリックします。

9-2

以下のように結果が表示されます。

9-3

まとめ

TODAY関数、NOW関数は、パソコンに内蔵されている時計を利用して、日付や時刻を自動的に表示する関数です。

時刻は不要で日付だけが必要な場合は、TODAY関数あるいはNOW関数のどちらを使ってもOKです。時刻まで必要な場合はNOW関数を利用する必要があります。

ファイルを開いた日付や時間が自動的に表示されるので、日付データの更新忘れを防ぐことができます。


イベント