Twitterアプリでリストを作成する方法

Twitterを使っているとフォロワーの数も増えてきて、増えすぎるとタイムラインが見づらくなりますよね。そういうときに便利なのが「リスト機能」です。

Twitterのリスト機能では、特定のユーザーをあらかじめ選択して、そのユーザーのツイートだけが表示されるタイムラインを作成できます。

リストを活用すると、親しい友人、仕事、趣味、ニュースなどで仕分けすることができて、雑多な情報でまとまりがつきにくいタイムラインがすっきりします。

今回は、このTwitterアプリでリストを作成する手順を紹介します。

iOS(iPhone、iPad)

1. プロフィール画面を表示

2. 歯車のかたちのアイコンをタップ

3. メニューから「リスト」をタップ

リストメニューが表示されます。

4. リストの表示をタップ

リストで構成されたタイムラインが表示されます。リストメニューからメニューの作成、追加設定などができます。

Android

1. プロフィール画面を表示

2. 右上のオプションメニューをタップ

3. メニューから「リスト」をタップ

4. プルダウンメニューが表示されるので「メニュー」をタップ

リストメニューが表示されます。

こちらも操作はほぼ同じです。デスクトップ版でも同様にリスト設定ができます。

デスクトップ版

1. トップ画面右上にあるアカウントアイコンをクリック

プルダウンメニューが表示されます。

2. リストをクリック

リストメニューが表示されます。
twitter02

こちらもアプリ版と同様な操作でリストの操作や管理ができます。

まとめ

作成されたリストは基本的に公開されますが非公開設定にもできます。個人的な趣味や好きな人についてなど、プライベートなことを集めたリストは非公開にすれば、他の人に見られることはありません。

また、他の人が作ったリストを自分のリストとして保存もできます。

Twitterのリスト機能は他のユーザーのリストと組み合わせるなど、応用がきく便利な機能です。ぜひ活用してみてください。


イベント