Photoshopの「レンズフィルター」の使い方

Photoshopのレンズフィルター機能は、カメラにフィルター効果のあるレンズを取り付けて、写真を撮影することで写真に得られる効果を、Photoshop上で再現できる機能です。

Photoshopの「レンズフィルター」の使い方

Photoshopで編集したい画像を開きます。

screenshot 283

メニューバーからレイヤーを押し、新規調整レイヤー→レンズフィルターを選択します。直接画像に効果をかけてしまいたい場合は、メニューバーのイメージを押して、色調補正→レンズフィルターを選択してください。

スクリーンショット 2016-04-03 11.38.06

新規調整レイヤーが作成され、画像のようなレンズフィルターのウィンドウが表示されます。ここで値を調整することで画像のレンズフィルターの効果を再現したようなフィルターをかけることができます。

スクリーンショット 2016-04-03 11.44.01

フィルターの項目を押すと、あらかじめ用意されている色のフィルターを20種類から選ぶことができます。

スクリーンショット 2016-04-03 11.46.58

エメラルドグリーンを選択して適用させてみました。

スクリーンショット-2016-04-03-11.48.15

また、カスタムの項目で現在の色が表示されている四角を押すと、フィルターカラーを選択するカラーピッカーが表示されるので、好きな色を選ぶことができます。選んだらOKを押してください。値を入力したり、カラーライブラリを利用することもできます。

スクリーンショット-2016-04-03-12.19.13

青色を適当に選択してみました。選択した色のフィルターが適用されます。

スクリーンショット-2016-04-03-12.19.42

また、適用量の項目のスライダーを動かすか、%の値を入力することでフィルターの適用量を指定することができます。同じ色で適用量を93%にしてみました。

スクリーンショット-2016-04-03-12.19.51

この様に簡単に、写真撮影の時のレンズを取り替えたような色味のフィルターを追加できる機能です。ぜひ試してみてください。