FirefoxにFTPクライアントの機能を持たせる「FireFTP」の活用方法

「FTP」という言葉を聞いたことはありますか?

FTPとは、File Transfer Protocolの略でネットワーク上でファイルの転送を行うことを言います。簡単に説明しますと、自分のパソコンに保存していあるデータをWebサーバーに転送するということになります。

例えば、家で自分のパソコンにデータを作った物を外出先で別のパソコンで使いたいという時にはFTPソフトを使ってサーバーにアップロードしておけば、外出先で別のパソコンからも確認が出来使用することが可能になります。

今回は、FirefoxのFTPアドオンの一つ「FireFTP」の活用方法についてご紹介いたします。

FireFTPを使いやすくカスタマイズする

FireFTPのアドオンをインストールしたら、使いやすい位置に配置しましょう。

a1

カスタマイズ画面より、タツノオトシゴのアイコンをツールバーなど自分が使いやすい位置にドラッグします。

a2

初めて起動した際には左上にある『アカウントの作成』をクリックしましょう。

a3

メインタブにある項目のカテゴリ以外を入力すれば使用することが出来ます。

表示名:管理用の名前なので自由につけて良いですが、ドメイン名にしておくと無難です。
ホスト:契約しているドメインを入力します。
ユーザー名:ドメインを取得した際に設定したユーザー名を入力します。
パスワード:ユーザー名と同様に、設定したパスワードを入力します。

a5

次に、接続タブの設定をします。

セキュリティに関しては、「SFTP」をおすすめします。SFTPはセキュアシェルという仕組みを利用した接続方法で、安全な接続方法とされています。

しかし、利用しているサーバーがSFTPをサポートしていない場合には別の方法を試してみましょう。サーバーの接続情報を入力したら接続ボタンをクリックすることで、サーバーにアクセスが出来ます。

ファイルを転送しよう

a6

左側が自分のパソコンの情報になります。転送させたいファイルがあるフォルダを表示させておきましょう。右側がサーバーの情報になります。こちらも、転送先のフォルダを表示させておきましょう。

接続が完了し、転送したいファイルをダブルクリックすると真ん中の矢印がグレーから緑色に変わります。

パソコンからサーバーにアップロードしたい場合は、右向きの矢印を選択します。サーバーからパソコンにダウンロードしたい場合は、左向きの矢印を選択しましょう。

まとめ

小さなファイルであればメールに添付できますが、容量が大きくなるとそういうわけにもいきませんよね。

こういった便利なアドオンを利用して、大容量のデータも簡単に転送できるように環境を整えておくと良いでしょう。