Firefoxで気になる情報をいつでも見られるように保存する「ScrapBook」の活用方法

Webページを見ていて、ページごと保存しておきたいことがありますよね。その時、右クリックすると「名前をつけてページを保存」という項目がありますが、この方法ではレイアウトが崩れたり背景までは保存されないことがあります。

ページをそのまま保存したい時に使える便利なアドオンが「ScrapBook」です。

ScrapBookは、ウェブサイトのダウンロードツールなのですが保存や整理に非常に特化しています。今回はScrapBookについてご紹介します。

ScrapBookを使ってみよう

ページの保存方法

b1

ScrapBookをインストールし、Firefoxを再起動するとメニューバーに「ScrapBook」が表示されます。

b2

保存したいページ上でScrapBookをクリックし、一番上の「ページを保存」を選択しましょう。

保存したページの確認方法

b3

ScrapBookのメニューから「サイドバーで表示」を選択します。

b4

サイドバーが表示されました。表示したいページをクリックすると保存したページがそのまま表示されます。

b5

ページがそのまま表示されますので、オンラインページと勘違いしやすいのですが、アドレスバーを見ると保存しているファイルの場所が表示されていますのでこちらを参考にしてください。

ページの詳細保存

b6

「ページを詳細に保存」をクリックしてみましょう。

b7

ここで掘り下げ保存の深さをあまりに深くしてしまうと膨大なデータをダウンロードしてしまうので気を付けてください。0は現在のディレクトリーのみと考えて下さい。

b8

ダウンロードが始まります。一時停止や中止もこちらから行えますので、途中でやめたい場合はこちらから選択しましょう。

ページの編集

ScrapBookにはさらに驚く機能があります。ScarpBookではWebページの編集が可能です。

b9

ページの下部にこの様なツールバーが表示されていますが、こちらから編集することが可能です。b10

これはマーカー機能を使ったのですが、マーカーを引きたい場所を選択し、マーカーをクリックするとこの様に表示することが出来ます。様々な編集機能がありますので、詳しくは公式サイトを見てみると良いでしょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/scrapbook/

編集が終わったら、右下のフロッピーマークの保存ボタンをクリックします。これで次回より表示すると先程編集したページが表示されるようになります。

まとめ

インターネットがつながっていない状態でも見たいページなどを保存しておく時に使えるのが良いですよね。

Webページでも自分の必要な場所のみ保存したい時や、わかりやすくしておく時に便利なのが編集機能です。しかし、編集したからといって著作権が自分に移るわけではありませんので、その点は注意をしてください。