Photoshopで色域指定を使って画像の色から選択範囲を作る方法

Photoshopでは、編集する範囲を選択して画像の編集を行います。選択範囲を作成する方法はいくつかありますが、特定の色だけを選択したい場合、画像内の色を使って同じ色を選択する方法があります。

画像を編集する上で非常に便利な機能ですので、ぜひ使い方を覚えてください。

Photoshopの色域指定の使い方

Photoshopで編集したい画像を開きます。

screenshot 283

メニューバーの選択範囲を押して、色域指定を選択します。

screenshot 324

色域を指定して、選択範囲を作成するウィンドウが表示されます。

screenshot 325

赤枠のスポイトツールで、画像上の選択したい色の箇所をクリックします。

66_1

一番下の選択範囲のプレビューから、グレースケール・黒マット・白マット・クイックマスクの中から選択すると、選択した部分を画像でプレビューすることができます。

screenshot 327

赤枠のプラスが付いているスポイトを使うと、選択する色域を増やすことができます。逆に、マイナスが付いているスポイトを使うと選択している色域を減らすことができます。

66_2

許容量を調整することで、選択範囲の調節が行えます。

screenshot 328

また、カラークラスタ指定にチェックを入れることで、より詳細な選択したい色域の選択が可能です。範囲の値も設定できるようになるので、スライダーを動かすか値を指定して選択したい色域を指定できます。

screenshot 329

プレビュー画面や、選択範囲のプレビューで確認しながら選択する範囲を決めたらOKを押します。ウィンドウが閉じると、選択範囲が作成された状態になっているので、これで完了です。

screenshot 330


購読

平日・毎朝更新中