Firefoxのセキュリティ対策まとめ

インターネットを利用していると、セキュリティが気になりますよね。Firefoxは、多くのブラウザの中でプライバシーやセキュリティに対して非常に強く作られているブラウザです。

しかし、それを信頼して何もしないというのは良くありません。今回は、Firefoxのセキュリティに関することをまとめてみました。

Firefoxのセキュリティを見直そう

ポップアップウィンドウを表示させない

Webページをクリックした際に、広告などのポップアップが立ち上がることがあると思います。この広告ですが中には悪質なものもあり、閉じても閉じても別のポップアップウィンドウが立ち上がってしまうこともあります。

このような悪質なポップアップ広告を防ぐためには、ポップアップウィンドウを表示させないという対策があります。

a1

「ツールのオプション」、「コンテンツ」、「オプション」、「ポップアップウィンドウをブロックする」にチェックを入れましょう。

ポップアップが表示されないと困るというサイトについては、「許可サイト」ボタンをクリックして、ポップアップを表示したいサイトのアドレスを入力して許可をしましょう。

履歴を記憶させないようにする

会社のパソコンや、公共のパソコンなど不特定多数の方が使うパソコンでは履歴を残したくないですよね。そういった時には、Firefox自体の履歴を記憶させない設定をしましょう。

a2

先程と同じように、ツールの「オプション」→「コンテンツ」→「オプション」→「プライバシー」→履歴の中にある「Firefoxに」の右側のメニューから「履歴を一切記憶させない」を選択しましょう。

不要なcookieを削除する

cookieを記憶させておくと、様々なサイトでのログイン情報が記憶されているのでいちいち入力をする手間が省けるという点では非常に便利と言えます。

しかし、メールアドレスなど記憶させておきたくない場合もあるでしょう。そういった時には、cookieの削除をしておくと良いでしょう。

a3

ツールの「オプション」→「コンテンツ」→「オプション」→「プライバシー」→「cookieを個別に削除」を選ぶと上記画像の様な画面が表示されます。こちらから不要なcookieを削除しましょう。

安全なサイト以外はアクセスを制限する

Firefoxは、多くのユーザーが使用していますので攻撃サイトや偽装サイトとして他のユーザーからすでに報告されているサイトを制限することが出来ます。

a4a

ツールの「オプション」→「コンテンツ」→「オプション」→セキュリティから「コウゲキサイトとして報告されているサイトをブロックする」と「偽装サイトとして報告されているサイトをブロックする」にチェックをいれましょう。

パスワードを自動入力させない

cookieと似たようなイメージですが、会員サイトなどでログインが必要な場合パスワード欄にあらかじめパスワードが入力されている場合があります。

この自動入力を切っておきましょう。

a5a

ツールの「オプション」→「コンテンツ」→「オプション」→セキュリティから「サイトのログイン情報を保存する」のチェックを外しましょう。

まとめ

今回紹介したプライバシーやセキュリティの見直しは基本的なものです。個人的なパソコンではログイン情報は残しておいた方が毎日使うサイトなどでは便利なので、この辺りはうまく切り替えて使うと良いでしょう。

ただし、共有パソコンならばやはりプライバシーの観点からも履歴の消去やパスワードは残さない設定にすることをおすすめします。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square