Twitterの自分の過去のツイートを取得する方法

Twitterをある程度の期間やっていると、自分の過去のつぶやき内容を確認したいことがあるかと思います。今回は、過去のツイートを見る方法をご紹介します。

もちろん、自分の過去のツイートだけではなく、他の人のツイートも見ることができます。

まず思い浮かぶのは、単純にタイムラインを下に追っていく方法ですね。ただし、この場合表示されるのは、最近の3,200ツイートまでとなっています。

また、1週間以上経過しているツイートはタイムラインに表示されないことがあるようです。そのようなときは、次の方法をためしてみてください。

高度な検索をつかう

高度な検索の機能で過去のツイートを表示できます。例えば、「2015年4月1日から2016年3月31日までの@[アカウント名] のツイート」を表示したいとします。

検索画面には以下のように入力します。

@[アカウント名] since:2015-04-01 until:2016-03-31

読みたい期間のツイートが検索されて読むことができます。

過去のツイートすべてをダウンロード

また、デスクトップ版の設定画面から過去のツイート全てをダウンロードできます。

1. 右上のプロフィールアイコンをクリックして設定画面を表示させる

2. ユーザー情報>全ツイート履歴>「全ツイート履歴をリクエストする」をクリック

twitter04

中央に「リクエストを受け付けました。」という表示がでます。

3. ダウンロードの準備ができたらダウンロード先の通知メールが送信されるので、表示にしたがってダウンロード

Twitter検索サイトのサービスを使う

そのほか、Twitter検索サイトのサービスを使うと簡単に過去ツイートを探すこともできます。次のサイトがよく知られています。

twilog

twilog 
ツイートをブログ形式で保存してくれるサービスです。利用者が多いサイトですが、サービスを利用するには事前にユーザー登録しておく必要があります。

ほかにも過去ツイート取得サービスを実施しているサイトはありますが、Twitterの仕様変更のために利用できなくことがあるようです。

最初にあげたTwitter公式の高度な検索機能が充実してきているため、現時点ではこれが一番確実な方法のようです。


イベント