Gmailで本文のフォントや文字色を変更する方法

メールを書くとき、Wordのように強調したいところや見栄えを変えたいときがあるのではないでしょうか?

GmailでもOutlookと同様にフォントや文字色を変更することができますので、今回はその方法を紹介したいと思います。

Gmailで本文のフォントや文字色を変更する方法

フォントや文字色を変更する

Gmailでメール作成まで進みます。

image000
文字を打ち込んでフォントを変更してみましょう。
「書式設定オプション」を開きます。

image001

このようなツールバーが追加されました。

image002

まず文字を大きくしてみましょう。文字を選択してから文字サイズ変更アイコンをクリックして文字サイズを選択します。

image003

フォントを変更してみましょう。文字を選択した後に明朝体フォントを選択します。

image004

フォントが変更されました。

image005

つぎに文字色を指定してみましょう。文字を選択してからそれぞれのアイコンをクリックします。

image006

文字色が変更されました。

image007

変更したまま文字を打ち込む

文字を選択せずに書式設定アイコンをクリックすると、自動的にフォントや文字色が変更されるようになります。全体的に書式設定するには、この方法が便利です。

「書式設定オプション」を開いたあと、何も文字を選択せずに文字サイズや文字色を指定します。

image008

画面に変化はありませんが、文字を打ち込んでみましょう。

image009

文字サイズと文字色を変更したまま、文字を打ち込むことができます。

元に戻す

文字を元に戻すには、戻したい文字を選択した後に「書式をクリア」をクリックします。

image010

選択した部分だけ元の文字になりました。

まとめ

今回はGmailでフォントや文字色を変更する方法を紹介しました。
メールの読みやすさは内容にもよりますが、「書式設定オプション」でより見やすく、より要点の伝わりやすいメールを作成してみてください。