Firefoxでインストールした拡張機能をバックアップしておく方法

Firefoxを使っていると、便利なアドオンをどんどんとインストールして自分好みのカスタマイズをしていくと思います。

しかし、パソコンに万が一のことがあったり新しいパソコンを購入したときに同じアドオンをひとつひとつ検索するのは面倒ですよね。

今回紹介するのは、Firefoxの便利なバックアップツールとして人気の高いFEBEについてまとめてみました。

FEBEのインストールから設定まで

c1

先ずは、こちらのURLからFEBEをインストールしましょう。https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/febe/

c2「ツール」→「FEBE」→「FEBEオプション」の順で開きます。

c3

英語交じりになりますが、まずはWhat to backupのタブから設定しましょう。

Backup typeはその名の通りですが、「プロファイルのバックアップ」を選択しておけばブックマークや設定、履歴など全てのデータをバックアップ出来ますので、こちらを選択しておくと良いでしょう。

Backup itemsの「Backup extentions」にチェックが入っていることだけ確認しましょう。

c4

次に、Where to backupのタブを見ていきます。

バックアップの保存先は、パソコン内ですとパソコン自体に何かあった時に意味がないので外付けのHDDなどに保存すると良いでしょう。一先ずは、マイフォルダなどに保存してもかまいません。

「フォルダの名前にタイムスタンプを使用」の項目にチェックを入れると復元の際に、日付がわかるので入れておくといつのバックアップを復元すればよいのかわかりやすいですよね。

Maximum backup directories to keepは、バックアップを保存する際に、古いものをいくつ残しておくかという意味です。既定の3にしておくと、4回目のバックアップを取った際に最初のバックアップは削除されるということになります。

c5

When to backupタブは、いつバックアップをするかの設定が出来ます。※こちらでスケジュールを設定しても、Firefoxを起動していない場合はバックアップはされません。

Backup on browser startupは、起動時にバックアップを取るという意味です。逆に、Backup on browser shutdownは終了時にバックアップを取るという意味になります。

スケジュールを組んでもFirefoxを立ち上げていないと意味がないので、このどちらかにチェックを入れておいた方が確実かもしれません。

アドオンの復元方法

c6

c7

「ツール」→「FEBE」→「復元」→「拡張機能」を順にクリックすると先程バックアップの保存先として指定したフォルダが開きますので、復元したいフォルダを選びましょう。

「.xpi」の拡張子を全選択もしくは、戻したいものを選択し開くをクリックします。パソコン画面左下に『The following will be...』のメッセージが出るので「ok」ボタンをクリックしましょう。

「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストールします。アドオンマネージャのタブが開きますので、インストールされたアドオンを確認してFirefoxを再起動するとアドオンが復元されます。

まとめ

パソコンは便利で手放せない電化製品ですが、絶対ということはありません。重要なものを保存しておいても何かの拍子で消えてしまう可能性もあります。

Firefoxの設定も突然消えてしまうこともあるかもしれません。FEBEを入れて、万が一の為のバックアップを取っておきましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square