被害多発! Gmail乗っ取り対策まとめ

近年Gmailが乗っ取られる事案が発生していることをご存知ですか?

乗っ取られてしまうと本人が使えなくなってしまいます。また、本人になりすました第三者に個人情報を抜き取られるケースもあり、普段やり取りしている相手にも迷惑が掛かってしまいます。

被害が出る前に、これから紹介する方法で早めの対策をとることをおすすめします。

Googleの2段階認証の仕組み

2 段階認証プロセスを有効にすると、アカウントのセキュリティがさらに強化することができます。

普段はユーザー名とパスワードを入力しただけで認証できます。2段階認証では、

  • パスワード(自分しか知り得ない情報)
  • スマートフォンなど(自分しか持ち得ないもの)に送信されるコード

以上2つを使ってログインします。 

 2段階認証プロセスを有効にする

2 段階認証プロセス ページにアクセスします。Google アカウントにログインする必要があります。右上の[アカウント]をクリックします。

1

「ログインとセキュリティ」をクリックします。

2

[2段階認証プロセス]をクリックします。

3

右側の [2段階認証プロセス] ボックスで [設定を開始] を選択します。4

再度ログインします。5

予備の携帯番号を設定し、[コードを送信]します。(ドコモなどの携帯キャリアメールにコードを送信することも可能です。

7

指定した電話番号に自動音声で着信があります。読み上げられたコードをメモし、確認画面の「確認コードを入力してください」に入力、[確認]をクリックします。

83-640x336

携帯電話の紛失した場合でも、「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」にチェックを入れておけば、パソコンからログインできます。

9

[確認]をクリックして2段階認証プロセスが有効になります。

10

2段階認証プロセスが有効になったことが確認できます。
11

もっと簡単に2段階認証をする方法

 設定をするとログイン毎にテキストや音声でコードを取得して入力することになります。安全は確保できますが、毎度は面倒です。

そこで、スマートフォンでコードを生成できるように設定することもできます。再度、2段階認証プロセス設定画面を開き、[アプリに切り替え]をクリックします。

12

2段階認証用のコードを取得する端末を選択します。

13

指示に従い、アプリをダウンロードして、起動します。14

アプリ「Google 認証システム」を起動し、[バーコードをスキャン]をクリックし、パソコン画面に表示されているバーコードをスキャンします。

21

22

 表示された確認コードを入力すると認証ができます。 

Google2段階認証の使用方法

普段通り、ログイン画面でユーザー名とパスワードを入力すると、2段階認証のコードの入力画面が表示されます。「Google 認証システム」アプリに表示されているコードを確認します。

15

 入力後「確認」ボタンをクリックすると、ログインが完了します。  

 まとめ

今回は2段階認証を設定する方法をご紹介しました。

2段階認証プロセスを設定することで、Gmailの安全性は格段とアップできます。ログイン操作において、ひと手間増えてしまいますが、アカウントを乗っ取られる被害が出てからでは取り返しがつきません。

これを機会に設定をしておくことをおすすめします。


イベント