ほかのブラウザからFirefoxへデータ移行して乗り換える方法

インターネットブラウザには様々な種類がありますので、いくつか使用されている方も多いことでしょう。

今はGoogle Chromeを使っていて、これからメインにFirefoxを使いたい、もしくはサブとしてFirefoxも使いたいと考えている方が先ず最初に悩むのは「お気に入り」などのデータをひとつひとつ登録しなおさなくてはならないのかということではないでしょう?

そんなわずらわしい作業も、インポートを行えばデータ移行は簡単に行えます。今回は、ほかのブラウザからFirefoxへデータを移行する方法についてご紹介いたします。

Google Chromeのデータのインポート

例として、Google Chromeからお気に入りデータをエクスポートする方法を紹介致します。

b1

Firefoxで、ブックマークを開き「すべてのブックマークを表示」をクリックします。

b2

インポートとバックアップをクリックし、「他のブラウザからデータをインポート」をクリックします。

b3

今回は、Google Chromeからのインポートなので、Chromeを選びましょう。画像の中にもありますが、選択したブラウザ(今回はChrome)が閉じているかを確認して「次へ」をクリックします。

b4

インポートしたい対象にチェックをいれて「次へ」をクリックします。

b5

少し時間が経つとインポートが完了します。

b6

インポートが完了すると、ブックマークの中に「Google Chromeから」というフォルダが作成され、Chromeのお気に入りがすべて移行されています。

まとめ

ブラウザ同士のデータ移行は、どのブラウザでも出来ることですがまずはエクスポートをしてからのインポートという2度手間なことが多く、Firefoxのように一発でインポート出来ることはありません。

この様に簡単にお気に入りなどのデータを移すことが出来るのは嬉しいことですよね。