Macでファイルの拡張子を表示させる方法

ファイルの拡張子を確認する方法はいくつかあります。ファイルの拡張子を頻繁に確認するような場合は、常に拡張子を表示するよう設定することもできます。

今回はMacでファイルの拡張子を表示させる方法を紹介します。

Macでファイルの拡張子を表示させる方法

Finderを起動します。

screenshot 482

画像ファイルですが、形式が表示されていません。このファイルの上で右クリックをします。

screenshot 483

以下のようなメニューが表示されるので、情報を見るを選択してください。

screenshot 484

選択したファイルの情報が表示されます。拡張子が知りたいだけなら、この情報をみるウィンドウでも確認できます。

一般情報の種類の項目や、名前と拡張子を選択してください。また、名前と拡張子の項目の「拡張子を隠す」のチェックを外してください。

screenshot 485

特に保存とかはないので、ウィンドウはそのまま閉じてしまって大丈夫です。画像のように、拡張子が表示されるようになりました。

screenshot 486

少ない数のファイルであれば、以上の方法で大丈夫かもしれませんが、たくさんのファイルの拡張子を、フォルダを開いた状態で確認したい場合はこの方法では面倒です。

設定を変えてしまうことで、常にすべてのファイルの拡張子を表示させることができます。メニューバーからFinderを押して、環境設定を選択してください。

screenshot 487

Finder環境設定のウインドウが開きます。一番右の詳細のタブを押してください。「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。デフォルトでは外れた状態になっています。

screenshot 488

Finderに戻ってみると、ファイルの拡張子がすべて表示されるようになっていました。

screenshot 489

これで拡張子を常に確認できます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square