Macで位置情報サービスに関する設定をする方法

Macには位置情報サービスがあり、Macの様々な機能やアプリケーションで位置情報を利用することができます。

位置情報サービスを様々な機能やアプリケーションで利用したいという人もいれば、位置情報を利用されるのは困るという人もいるかと思います。

設定を変えることで位置情報サービスを利用するかしないかを選択することができます。

Macで位置情報サービスに関する設定をする方法

位置情報サービスの設定は、システム環境設定から行います。メニューバーのアップルマークを押して、システム環境設定を選択してください。

screenshot 423

システム環境設定のウインドウが開くので、赤枠の位置のセキュリティとプライバシーのアイコンを押してください。

72_4

セキュリティとプライバシーの設定画面が開きます。一番右の「プライバシー」のタブを選択してください。

位置情報サービスの設定を変更するには、ロックを解除する必要があるので、左下の鍵のアイコンを押してください。

screenshot 535

パスワードの入力を求められるので、入力して、右下のロックを解除を押してください。

screenshot 536

鍵のアイコンが開いて、ロックが解除された状態になりました。これで位置情報サービスの有効無効を編集できます。

「位置情報サービスを有効にする」にチェックをつけると位置情報サービスが有効になります。有効にしたら、アプリケーションごとに位置情報サービスの利用を設定できます。

screenshot 537

位置情報サービスを利用したくない場合は、「位置情報サービスを有効にする」のチェックを外してください。左下の鍵のアイコンを再度クリックすると、ロック状態になり設定の変更ができなくなります。

これで位置情報サービスの設定は完了です。