Firefoxでポップアップ広告やバナーなどを自動ブロックする「uBlock Origin」の活用方法

インターネットを利用していると、様々な広告を目にすることがあります。どこかのページを見ていて、端にや下部に表示される広告ならともかく、海外サイトでよくある「ポップアップ広告」は率直に言ってしまうと邪魔ですよね。

中には、ポップアップ広告にウィルスを仕掛けてあるなんてこともあります。こういった困った広告やバナーを表示させない為にも「uBlock Origin」を入れて邪魔な広告もウィルスも未然にブロックしましょう。

uBlock Originを導入しよう

b1

uBlockにもいくつかありますが、現在も更新を行っているuBlock Originを入手しましょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/ublock-origin/

uBlock Originを使ってみよう

b2

uBlock Originをインストールすると、ツールバーの右上にuBlock Originのアイコンが現れます。ここをクリックすると今表示しているページやインストールしてからどのくらいブロックしたかなどが表示されます。

b3

上部にある「uBlock Origin ○○○」というところをクリックすると、設定画面が表示されます。

b4

設定画面の「外部フィルター」タブを開くと、すでに多くのフィルターが用意されています。基本的にはこちらを更新していけば問題なく使用することが出来ます。

まとめ

uBlock Originは非常に軽いアドオンなので、入れておいて損はありません。使い方も非常に簡単です。邪魔な広告はブロックして快適なネットライフを楽しみましょう。


イベント