Mac OSで Windows を使う方法6選

MacはMacOSを使用していますが、Windowsでしか使用できないアプリケーションがあったり、何かの動作確認などでWindows環境が必要な場合があります。そんな時、MacOSでWindowsを使うためのアプリケーションや方法が沢山存在していることを知っていましたか? 好きな方法を選んでMacでWindows環境も手に入れてしまいましょう。

Mac OSで Windows を使う方法6選

1.Boot Camp

screenshot 559

すべてのMacにデフォルトで入っているBootCampを使うことで、Windowsをインストールすることができます。WindowsをインストールするだけでWindowsが使用可能になります。ただ、OSは切り替えて使用するため、MacOSと同時に使うことは出来ないです。また、OSの切り替えには再起動が必要になります。

2.リモートデスクトップ

screenshot 560

もし、別でWindowsマシンを持っている場合は、リモートデスクトップを利用してMac上でWindowsマシンを操作することでMacとWindowsを同時に使うことが可能になります。あくまで遠隔でWindowsを操作するソフトになるので、別にWindowsマシンを持っていない場合は用意する必要があります。

3.さくらのVPS for Windows Server

screenshot 561

インターネットへ接続できる環境で、リモートデスクトップが使用出来る端末ならどこからでもWindowsが使用出来るサービスです。こちらの場合は自分でWindowsを用意すること無く、料金さえ払えば使えるようになります。

4.Virtualbox

screenshot 562

Virtualboxはパソコン上に仮想環境を作成できるアプリケーションです。作成した仮想環境にWindowsをインストールすれば、Macのアプリケーション内でWindowsを使用できます。後述にも似たアプリケーションがありますが、VirtualBoxは無料です。

5.Parallels Desktop

screenshot 563

Virtualboxと同様にパソコン上に仮想環境を作ってWindowsをインストールして使用するアプリケーションですが、こちらの方が機能が充実しており、有料です。

6.VMware Fusion 4

screenshot 564

Parallels Desktopと同様の仮想PCです。こちらも有料で安定した動作に提供があります。

仮想PCにもいろいろあるので、目的や使用環境に合わせて最適な仮想PCを選んでください。