JavaScriptの繰り返し:while文

JavaScriptの繰り返し同じ処理にはfor文とwhile文の2種類ありますが、回数がわからない繰り返し処理の場合、条件に一致する間処理を行うという、while文を使います。

while文の書き方

while(繰り返しの条件){
    処理;
}

条件が満たされている間 {} 内の処理をします。
while文の書き方は、whileの横にある()の中に繰り返しの条件を記述し、{} の中に繰り返したい処理を記述します。 

サンプルコード

iが10になるまで実行する条件式を書いてみましょう。

var i = 0;

while(i < 10){
    i = i+1;
    console.log("i = "+i);
}

 処理の流れ

それでは実際に処理の流れを見ていきましょう。
まず、サンプルコードの1行目で変数iの定義をして、そのiに初期値として0を代入しています。
その次の3行目ではiに代入されている値がwhile文の条件と一致しているか判断しています。今回、iには0が代入されており、条件に一致するので4行目の処理を行います。
4行目の処理ではiに1を足して代入しています。今回はiに1が足されてiに代入されている値は1になりました。
5行目で出力します。
この処理の流れを、iに代入された値が10より低くなるまで繰り返します。

実行結果

サンプルコードを実際に実行すると、以下の実行結果になります。

i = 1
i = 2
i = 3
i = 4
i = 5
i = 6
i = 7
i = 8
i = 9
i = 10

iが10になるまで出力されたのが確認できました。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square