MacでFileVaultを利用しディスク内容を暗号化する方法

Macには、FileVaultというデータを暗号化する機能がデフォルトで搭載されています。作成したユーザーアカウントごとに、ホームフォルダのすべてを暗号化してくれる機能で、一度設定すれば、自動で暗号化を行ってくれるようになります。

暗号化されたデータは、ログインパスワードがない限りアクセスすることができなくなり、パソコンからデータを抜き出したりしても閲覧することが不可能になるので、パソコンを紛失したり盗難にあった時にプライバシーを守ることができます。

今回は、FileVaultを利用してディスク内容を暗号化する方法をご紹介します。

FileVaultを利用してディスク内容を暗号化する方法

FileVaultの設定はユーザーアカウントごとに行う為、まずは暗号化したいユーザーアカウントでログインしてください。メニューバーのアップルマークを押し、システム環境設定を選択して、システム環境設定を表示させます。

screenshot 423

システム環境設定のウインドウが表示されるので、セキュリティとプライバシーのアイコンを押します。

72_4

セキュリティとプライバシーの設定画面が表示されるので、FileVaultのタブを選択してください。ロックがかかった状態だと、設定の変更が行えないので、左下の鍵のアイコンを押して、ロックを解除します。

screenshot 584

パスワードの入力確認を求められるので、入力してロックを解除を押してください。

screenshot 536

鍵のアイコンが開いた状態になって、FileVaultの設定を変更することができるようになりました。FileVaultを入にしたい場合は、「FileVaultを入にする」を押してください。

screenshot 585

パスワードを忘れてしまった場合に、iCloudアカウントを使用するか、作成される復旧キーを使用するかを選ぶことができます。

パスワードと復旧キーを忘れてしまった場合、永久にデータにはアクセス出来なくなってしまうのでiCloudアカウントを使用する方をおすすめします。好きな方を選んだら続けるを押します。

screenshot 586

iCloudの場合は、アカウントのログインを求められるので従って設定を行ってください。復旧キーを選択した場合は、この段階で復旧キーが生成されて表示されるので、安全な場所に保管してください。

終わったら続けるを押します。

74_5

アカウントを確認したら続けるを押してください。

74_6

再起動を押すと、Macが再起動されて、暗号化の処理が開始されます。

screenshot 589

これでディスク内容を暗号化する作業は完了です。


イベント