Macが起動しないときに備えて! Macで復元ディスクを作成する方法

復元ディスクとは、コンピューターが起動しなくなった時や、OS Xがインストールされていないハードドライブへの交換を行った時に、OS Xの再インストールや、ディスクの修復、バックアップからの復元などで利用できるものです。

復元ディスクは、復元ディスクアシスタントを使って、外付けのハードディスク上に作成することが出来ます。

今回は、復元ディスクアシスタントを使ってパソコン外に復元ディスクを作成する方法をご紹介します。

Macで復元ディスクを作成する方法

まず、必要なOS X 復元ディスクアシスタントをダウンロードしましょう。

screenshot 590

ダウンロードを押すとダウンロードが開始されます。ダウンロードしたファイルを開きます。

screenshot 591

復旧ディスクアシスタントのソフトウェア試要許諾契約が表示されます。確認して問題なければ右下の同意するを押してください。

screenshot 592

このような画面が表示されます。復旧ディスクを作成したいUSBドライブをパソコンに接続します。

screenshot 593

接続されているUSBが表示されるので、選択して続けるを押します。

screenshot 594

パスワードの入力を求められるので、入力してOKを押します。

screenshot 595

「復旧ディスクを作成中…」になるのでそのまま待ちましょう。

screenshot 596

正常に終了すると、画像のように復旧ドライブの作成に成功した表示が出ます。終了ボタンを押したら復元ディスクの作成は終了です。

screenshot 597

復元ディスクを使用するには、Optionキーを押しながらMacを起動して、先ほど作成した復元ディスクを選択します。

復元ディスクをさくせいして万が一の時に備えておきましょう。