パワーポイントに動画を挿入する方法

プレゼンのために画像をたくさん用意したり、うまく伝わるように言葉を選んでいると、どうしても量が収まらないというようなことはありませんか? 百聞は一見に如かずという言葉にもあるように、動画を見せてから説明をしたほうが効率がよく、頭に入りやすいことも多いです。

そこで今回はパワーポイントのスライドに動画を挿入する方法をご紹介します。

スライドに動画を挿入する

パワーポイントへの動画の挿入方法は簡単です。

「挿入」タブからビデオを選びます。オンラインの動画を挿入するか、パソコンに保存されている動画を挿入するかを選びます。

7

それぞれの選択画面で動画を選択してください。

続いて、スライドが切り替わった瞬間に再生をする「自動再生」か自分のタイミングで再生を始めることができる「クリック時」の2つから再生タイミングを選ぶことができます。

これで動画の挿入は完了です。

再生方法の設定をする

せっかく動画をスライドに設定したのだから、プレゼンテーションでは大きな画面で見せたいですよね。逆に、スライドのデザインによってはページの一部分で動画を見せたいという人もいるでしょう。

そんなときは動画再生の詳細設定ができます。動画を挿入したスライドの上で右クリックをすると「ビデオの設定」があります。

そこをクリックすると設定画面が出てくるので必要なものにチェックを入れてください。

8

色々な設定で何回か動画を再生してみて、自分が納得できるような設定にするのもいいですね。

動画再生を取り入れて、ワンランク上のプレゼンテーションを目指しましょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)