Firefoxで印刷する際に不必要な広告やサイドバーなどを編集・削除する「Print Edit」の活用方法

インターネットで検索した結果など、ページを印刷することは誰でもしたことがあるでしょう。この時に必要な情報だけ印刷したいと感じたことありませんか?

多くのWebページは、広告がサイドに表示されていることが多いですよね。印刷するときに広告はいらない! と言う時に使えるのが「Print Edit」です。ページ内の不要な部分を消してから印刷をすることが出来ます。

Print Editで編集してから、印刷をして見やすい表示にしましょう。

Print Editをインストールする

c1

まずは、Print Editをインストールします。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/print-edit/

再起動が必要なアドオンです。インストール後Firefoxを再起動しましょう。

Print Editを使ってみよう

不要な部分を消す方法

c2

印刷したいページを開き、「ファイル」から「印刷プレビュー」を選択します。

c3

プレビュー画面で右上の「編集」をクリックします。

c4

不要な部分をクリックして選択し、左上の「削除」をクリックします。

c5

この様に印刷に必要ない部分が消去されています。必要なところを残して、不要な部分は同じ様にどんどん削除していきましょう。

c6

プレビューをクリックし、画面を確認して良ければ印刷をクリックします。

必要な部分のみだけ選択する方法

プレビュー画面を開いて、編集ボタンを押すまでは先ほどの方法と同じです。

c7

必要な部分を選択し、「他の要素を削除」をクリックします。

c8

プレビュー画面で確認し、良ければ印刷をクリックします。こちらの方が楽かもしれませんね。

まとめ

広告があると、印刷枚数が何枚も増えてしまって困りますよね。

そういった時に、Print Editを使えば必要な情報だけ印刷することが出来、紙もインクも節約することが出来ます。