Firefoxで自動で言語を認識して指定の言語に翻訳してくれる「S3.Google Translator」の活用方法

インターネットで検索していると、英語や中国語などの外来語のページが表示されることがあります。英語ならまだしも、まったくわからない言語のページを眺めていても内容が入ってきませんよね。

そういった時に便利なのが「S3.Google Translator」です。こちらのアドオンを入れることによって、アクセスしているページをすぐに翻訳することが出来ます。

S3.Google Translatorを導入しよう

a1

まずは、下のURLからS3.Google Translatorをインストールします。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/s3google-translator/

ボタン一つで簡単翻訳

a2

アドオンをインストールし、Firefoxを再起動すると右上にS3.Google Translatorのボタンが現れます。翻訳したいページが表示されている時にこちらのボタンを押しましょう。

メニューの中から「ページを翻訳」をクリックしてみてください。

a3

この様な表示が出たらOKをクリックしましょう。

a4

この様に日本語に変換されます。原文を表示したい場合は「原文を表示」ボタンをクリックしましょう。

日本語以外に変換する

a5

基本的には日本語を表示するようになっていますが、他の言語に翻訳することも可能です。前画面の時に上部に表示されている「日本語▼」をクリックしてみましょう。

多くの言語が表示されますので、こちらから選んでみてください。

a7

この様に表示されます。

まとめ

現在、数多くの翻訳アドオンが発表されていますが、その中でも評価の高いS3.Google Translatorについてご紹介しました。

これだけ多くの言語があれば、海外の友人が使いたいという時でも問題なく使用できますね。どんなページでもばっちりです。