作業効率をあげるPhotoshopのおすすめスクリプト

Photoshopには便利な拡張機能が多数あります。この拡張機能スクリプトを入れることで、Photoshopの機能が、既存のものよりも拡張され、作業効率をあげることが可能です。今回はスクリプトについての解説と、作業効率があがる、おすすめのスクリプトを紹介します。

スクリプトとは

スクリプトとは、コンピューターを動かすために書かれた指示書のようなものです。この指示書をあたえることで、Photoshopが既存の機能を超えて、様々な機能を実現してくれます。ネット上には、作業の効率を高めるために生み出されたスクリプトが多数公開されており、Photoshop内で読み込めば誰でも利用することが可能です。

スクリプトの読み込みかた

まずは、読み込ませたいスクリプトのファイルをダウンロードします。下記で紹介するスクリプトなどを使って試してみると良いでしょう。

スクリプトファイルが用意できたら、そのファイルをPhotoshopのフォルダの中にある、Scriptsというフォルダに格納します。MacOSの場合の格納場所は下記を参考にしてください。

アプリケーション/Adobe Photoshop CC/Presets/Scripts

おすすめのスクリプト一覧

「〜 のコピー」を削除するスクリプト

Photoshopでは、レイヤーを複製した時に画像の様に「〜のコピー」という名前が付いてしまいます。レイヤー名だけでいいのに! と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。コピーしたレイヤーの名前をリネームするスクリプトを使うことでこの長年の悩みが解消されます。

screenshot 615

実際に使ってみました。コピーが取れてレイヤー名だけになりました。

screenshot 617

カラーピッカー

ColorPicker.jsxを使用すると、複数のシャイプやテキストなどの選択したものをまとめて同じ色に変更できます。

screenshot 619

screenshot 620

レイヤーの名前を変更する

LayerName.jsxを使用すると、複数のレイヤーの名前をまとめて変更したり、指定した文字列や元の文字列に連番を振ったりすることができます。名前を変えるだけでなく連番が振れるのでとても便利です。このようなレイヤーがあったとします。

screenshot 621

テスト+連番で指定するとこのようになります。

screenshot 622

テストだけを指定すると、選択したレイヤーが全部テストになりました。

screenshot 623

まとめ

Photoshopを使っていて、こんな機能があったらいいのに、と煩わしい気持ちに陥ることはままあると思います。しかし、その煩わしさも、もしかしたらスクリプトで実現させることが出来るかもしれません。探してみるのもいいですし、もちろん自分で作ることもできます。上記以外にも様々なスクリプトがあるので、活用して作業効率を上げてみてはいかがでしょうか。


イベント