Gmailで返信先に別のアドレスを指定する方法

Gmailは大変便利なメールアプリですので、他社のメールアドレスで受信したメールをGmailで読んでいる方も多いのではないでしょうか。

「Gmailから送信したいけど、普段のメールアドレスに返信してもらいたい」という方はこの方法を試してみてください。

今回は相手からの返信先にGmail以外のメールアドレスを指定する方法を説明します。

返信先に別のアドレスを指定する方法

メール作成前に設定が必要です。設定アイコンから「設定」を開いてください。

image001

「アカウントとインポート」タブを開きます。「名前」の項目から自分のメールアドレスを見つけてください。その右側にある「情報を編集」をクリックします。

image003

「メールアドレスの編集」ウィンドウが開きます。「別の返信先アドレスを指定」をクリックして、返信先メールアドレスを追加してください。

返信先が設定されます。

実際にメールを送ってみる

メールを作成します。メール作成時には表示されないため分かりにくいのですが、試しに自分宛てにメールを送って、届いたメールに返信してみましょう。

返信先がさきほど設定したメールアドレスになっていることを確認してください。Gmail以外のメールアプリでも同様になります。

まとめ

返信先メールアドレスは送信者(From)とは別に設定できるので、相手に負担をかけずにメールアドレスを変更したい時に便利です。

今回紹介した返信差の設定方法に加えて、古いメールアドレスからすべてのメールを転送するように設定しておけば、送信も受信も新しいメールアドレスで可能になります。

メールアドレスの変更を検討している方は参考にしてみてください。